長期研修

  • 2017年10月17日(火)

    長期研修 基礎研修⑥

     10月5日は,ユネスコが定めた「教師の日」http://japan-teachers-week.jp/ です。(社会全体で教師を応援する日だそうです。)この日の基礎研修は,大久保哲志所長が教諭から行政職時代の経験を交え,教師として大切にしてきたことを私たちに伝えてくれました。(長期研修者 上ノ町)

    1

     19年間教壇に立ってきた大久保所長は,数学科教師としての「問作力」と生徒の「発表」,「ノート作り」を大事にしてきました。また,職場の戦力になることを意識して仕事に取り組んできたそうです。

    2

     今回は,対話がしやすいよう車座で行われ,研修は終始和やかな雰囲気で進みました。

    3

     研修終了後,長期研修室に場所を移します。その後,大久保所長によるサプライズが・・・。(つづく) 

    長期研修者 上ノ町

     

     

     

     

  • 2017年09月29日(金)

    長期研修 研究中間発表会

      研究中間発表会は,長期研修者が,これまでの研究の成果や課題等を発表し,センター所員との意見交換を通して,今後の研究の方向性を確認したり,さらに内容を深化させるために行われます。今回は各部会の様子を紹介します。

    第1部会

    iso

    鹿児島市立桜丘東小学校   磯部 広伸 教諭 「数学的に表現し伝え合い,『深い学び』を実現できる子供の育成 -学びの深まりがある問題解決の過程の工夫-」

    第2部会

    kubo

    東串良町立東串良中学校 久保薗 美穂 教諭 「自分の考えを形成する国語科学習指導の在り方 -文学的な文章における学習を通して-」

    第3部会

    yoshi

    指宿市立丹波小学校   吉田 竜也 教諭 「自ら考え,判断し,行動する児童の育成を目指した道徳科授業の在り方 -重点的に指導すべき内容項目を関連付けたテーマ学習を通して-」

    長期研修研究発表会は総合教育センター大原台講堂にて平成30年2月23日(木) に開催します。

     

  • 2017年09月15日(金)

    長期研修 イングリッシュアワー

     長期研修の一環として,毎週月曜日の1時間,「イングリッシュアワー」の時間が設定されています。英会話の基礎練習や英語による様々な活動を通して,国際理解教育について研修を深めることを目的としています。(長期研修者 福森)

    IMG_5656

    「バスに乗ったときタイヤの上の席で,足が窮屈だった」という通勤時のエピソードを簡単な英語とジェスチャーを使いながらリチャード先生が説明してくれました。

     

    170913-2

     研修の内容は活動型のものが多く,互いにコミュニケーションを図りながら学習できます。今回は加算名詞・不可算名詞の区別について学びました。

    170913-3

     なんとこの日は,姶良市立加治木中学校 英語科 山口教諭にリチャード先生からハイレベルな手作りの宿題が! 研修者全員がレベルアップできるように,個々に応じた配慮をしてもらっています。

     

  • 2017年09月14日(木)

    長期研修 朝の挨拶当番

     教育センターでは朝のラジオ体操が終わると,所員全員で元気な挨拶を交わして一日がスタートします。その時,「おはようございます!」と大きな号令を掛けるのが「挨拶当番」。長期研修者は,3の倍数…つまり3,6,9,12月が当番になります。(長期研修者 吉田)

    pic1

     この日の当番は,鹿児島市立桜丘東小学校の磯部教諭。朝,通勤中の車の中で練習してきたそうです。とても大きな声が轟きました。本人の自己採点は,百点満点とのことでした。

     

    pic2

     翌日は,姶良市立加治木中学校の山口教諭。体育会大会の応援団にも負けないくらい,大きな声を出していました。

     

    pic3

     所員全員で気持ちのいい挨拶を交わして,今日も一日頑張るぞ!(長期研修者 吉田)

     

     

     

  • 2017年09月08日(金)

    長期研修 所員講話③

     今年度3回目の所員講話が実施されました。今回は企画課 東 津矢子係長の講話です。

    IMG_5644

     はじめに東係長自身の「この夏の出来事」について、ユーモアを交えた話から始まりました。まさに「波瀾万丈の夏!」だったようです。

     

    IMG_5647

     楽しい話題から一転,今回のテーマは「服務規律について」です。改めて職責や教職員のあるべき姿について考える貴重な時間となりました。

     

    IMG_5637

     講話の内容は、身の引き締まるものでしたが、長期研修者は終始リラックスした気持ちで聴講することができました。これからも信頼される教職員を目指していきたいものです。(長期研修係)

     

  • 2017年08月29日(火)

    長期研修 基礎研修⑤

     長期研修者は9月の中間発表会に向け,これまでの研究をまとめ,今後の研究の方向性について考えているところです。また,様々な専門性をもつ所員に講話,指導をいただくことで,自らの研究を深めていくことができます。今回は,脇坂企画課長による基礎研修の様子をお届けします。

     

    IMG_5569

     「教師はどのような意識で授業づくりをしていけばよいか」についてのお話でした。「児童生徒それぞれが頭で思い浮かべるイメージは違う」ことから,言葉の起因となる部分まで考えて聞こうとすることが大切であるということを学びました。

    IMG_5572
     授業中の児童生徒の実態や反応を瞬時に捉え,その場で軌道修正していくことも必要であると知り,一人一人の学びが高まる授業づくりについて考えさせられました。
     基礎研修の内容と関連させながら,長期研修者が普段から疑問に思っていることや解決したいことなどについて,助言をいただき,教師としての資質を高める上で,とてもよい機会となりました。(長期研修者 磯部)

  • 2017年07月26日(水)

    長期研修 リフレッシュタイム

     検証授業が一段落し,授業の成果や課題をまとめたり,9月に行われる中間発表に向けて資料づくりをしたりしています。ほぼ一日中パソコンと向き合っているので,昼休みの時間を利用してリフレッシュしています。今週は,音楽室へ出かけました。

    CIMG0274

     音楽室に入ってまず目に入ったのは箏。なかなか触れることのない楽器なので,興味津々です。二人で「さくらさくら」に挑戦してみました。4小節クリアできました。

    CIMG0276

     次はギター。巧みな演奏で今にも歌い出しそうな鹿児島市立桜丘東小学校の磯部教諭です。何か一つでも楽器が演奏できるのはいいですね。

    CIMG0270

     武岡台養護学校の原教諭も負けていません。ピアノが得意で,見事に演奏しています。20分程の時間でしたが,みんなリフレッシュすることができました。さて,午後からも研究をがんばります。

  • 2017年07月25日(火)

    長期研修 「特別支援教育について考える」

     7月の第一週は,特別支援教育研修課の所員による朝の講話や基礎研修として迫田課長のお話もあり,特別支援教育について考える一週間となりました。今週の朝の3分間スピーチでは,武岡台養護学校の原教諭による模擬授業が行われ,特別支援学校での教育活動の様子を垣間見ることができました。

    1

     特別支援教育研修課の迫田課長より「特別支援教育について考える」と題して,講話をしていただきました。これまでの教育活動を振り返り,子供への関わり方や個に応じた支援の在り方について考える時間となりました。

     

    2

     武岡台養護学校,原教諭の朝の3分間スピーチの様子です。「生活単元学習」として行っている特別支援学校での授業の様子を再現しています。長期研修者は児童役として参加しました。児童の実態をもとに,ねらいを設定し,個に応じた様々な手立てが工夫されていることに,皆,驚いていました。

     

    3

     スピーチの最後には,全研修者が新幹線に乗っている絵が登場。「全員で出水養護学校の研究公開に行こう。」という原教諭からのメッセージです。研究公開に参加することにより,これまであまり知ることがなかった他校種の教育活動の様子を知ることができます。これも長期研修のよさの一つです。(長期研修者 有馬)

  • 2017年07月11日(火)

    長期研修を支えてくださる人々

       長期研修に来て早いもので,3か月が過ぎました。私たちが研究を進めていく中で,様々な方々に支えられていることを実感する毎日です。今回は,そんな私たちを支えてくださる方々を紹介します。

    CIMG0231

     まずは,それぞれの担当研究主事を始めとするセンターの所員の皆様です。検証授業について動画を見ながら指導を受けている桜丘西小学校の有馬教諭。次の授業に向けて,改善策を考えています。

    CIMG0232

     次は,共に頑張る研修生同士です。お互いの専門性を生かし,日々,学び合っています。自分の研究を客観的に見てもらい,よりよいものにしていきたいという気持ちは,皆同じです。

    CIMG0225

     最後に,いつも教育センター内をきれいに清掃してくださる皆様です。清掃だけではなく,いつも気持ちの良いあいさつをしてくださいます。先日,清掃の方々に感謝のメッセージを残したところ,写真のような返答があり,とても温かい気持ちになりました。いつも様々な場所に季節の花を飾っていただき,心が癒やされます。(長期研修者 原)

  • 2017年07月05日(水)

    長期研修 検証授業始まる

     梅雨明けが待ち遠しい中,それぞれの勤務校で長期研修生の検証授業1が始まりました。勤務校の御協力もいただきながら,約1~2週間で授業を行います。授業前はもちろんですが,授業後も課題をまとめたり,成果を考えたりとパソコンに向かう毎日です。事前に準備していても,実際の授業は難しく,反省することが多くなります。そんな時,研修生同士互いに話し合うことで,解決策が見つかることもあります。今回は,検証授業の時期を迎えた研修生の一日を紹介します。

    170629-1

     研修生の一日は,朝の会や所員の方による講話で始まります。その後,各自で研修に取りかかります。この時期は,検証授業の準備や授業後のまとめに力が入ります。

    170629-2

     時には,お茶を飲みながら話が続くこともあります。そこから話が盛り上がったり,周りの人との会話につながったりすることもあります。研究が続く中,このひとときも大事な時間です。

    170629-3

     所内での発表等の前に,「相互研修」という研修があります。最近では,それぞれの研修について,互いに助言し合う雰囲気が定着しています。研修の成果を子供たちに還元したいと思いながら日々励んでいます。

    (長期研修生 久保薗)