• 2019年06月13日(木)

    総合教育センターブログ休止のお知らせ

    「思索のさん歩」当センターブログのタイトルです。

    平成28年10月1日に開設し,当センターの諸事業の広報や教育情報の発信に努めてまいりましたが,本日をもちまして休止といたします。

    その間,多くの方に閲覧していただき,ご理解とご協力をいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。

    今後は,センターフェイスブックによる広報に努めてまいりますので,これまで同様フェイスブックの方にもご訪問ください。

    なお,本ブログ(「思索のさん歩」)も当センターWebサイト内から過去の記事等,閲覧できますのでご確認ください。

     

  • 2019年06月10日(月)

    成虫になりました!!

    先日,ツマグロヒョウモンのサナギの記事をアップしましたが・・・

    ツマグロヒョウモン成虫01
    成虫になりました!!
    この土曜日,日曜日のうちに成虫になったようです。

    R010610ツマグロヒョウモン成虫02
    できれば,サナギから出る瞬間を見たかったのですが・・・

    R010610ツマグロヒョウモンのサナギと成虫
    サナギだったあとも,まだありました。

    教育センターでは,いろんな昆虫を見ることができます。
    また,何かのサナギを紹介したいと思います。

    ※ 6月14日から当センターのブログ更新が終了し,フェイスブックに移行します。
      四季折々の記事も,今後はフェイスブックで紹介していきます。
      よろしかったらご覧ください。

    教科教育研修課 内 祥一郎

  • 2019年06月06日(木)

    令和元年度経験者教頭研修会が行われました。

    6月4日(火)・5日(水)の二日間,小・中学校の教頭経験4年目の先生方及び県立学校の教頭経験3年目の先生方を対象に,学校経営や学校運営,管理能力などの向上を図る研修会が実施されました。

     

    IMG_2543

    1日目は,教育次長講話をはじめ,多くの講義がありました。各学校の児童生徒の実態を踏まえながら,熱心に聞く姿が見られました。

     

    IMG_2587

     また,講義・演習「学校組織マネジメント/業務改善」では,改善のためのプランや具体的なアイディアなど,積極的な意見交換がなされました。

     

    IMG_6579

     2日目の前半は,京セラ株式会社稲盛ライブラリーからお二人の講師をお招きして,「リーダーシップの在り方」について御講義いただきました。「全員参加経営の実現」や「私心のない判断」など,稲盛和夫氏の経営哲学,人生哲学から学校経営・学校運営に生かすことのできる多くの学びを得ることができました。

  • 2019年06月06日(木)

    移動講座「調査問題から授業づくりを考える社会科講座【姶良・伊佐】

    6月6日(木)姶良・伊佐地域振興局において,短期研修講座「調査問題から授業づくりを考える社会科講座【移動講座:姶良・伊佐】」が小学校・中学校・義務教育学校・特別支援学校の先生方を対象に行われました。

    IMG_4649

    講義では,鹿児島学習定着度調査の分析を行いました。先生方は実際に小学校と中学校の調査問題を解き,資料選択や記述などの出題形式や取り上げた資料について分析し,出題の意図を考えました。

    IMG_4658

    次に,「社会的な見方・考え方を働かせる問いの工夫」というテーマで演習を行いました。社会科ならではの見方・考え方を働かせ,課題を追究したり解決したりするためには,「問い」が重要であるということを共有した後,小学校の先生方と中学校の先生方に分かれてグループで授業を構想しました。

    IMG_4660

    最後の研究協議では,まず,構想した授業展開について,どのように社会的な見方・考え方を働かせた問いになっているか検討しました。次に,校種ごとに発表し,質問や意見交換,実践的な情報交換を行いました。受講した先生方は,「学校の中で社会科の教科担任が自分だけなので,他の学校の先生の意見が聞けてよかった。」「初めて社会の研修講座に参加して,新しい見方や考え方を学ぶことができた。自分の研究教科だけでなく,他教科を学ぶ良さを感じた。」などの感想をもたれました。

    今回学んだことを,日々の実践の中に少しでも役立ててほしいと思います。

  • 2019年06月06日(木)

    令和元年度園長等運営管理協議会が行われました。

        国公立幼稚園,私立幼稚園,認定こども園の園長等を対象に,園の運営・管理に関する専門的な講義や事例発表,研究協議を行いました。管理職としての資質の向上及び幼稚園教育の振興・充実のために,学びを深める有意義な機会となりました。

    DSC_9577

    姶良市立加治木幼稚園の城ヶ﨑園長に,「時代のニーズに対応した幼稚園の機能」について,事例発表をしていただきました。遊びを通して,自然や生き物と触れ合い,豊かな自立と道徳性を育むことを目指した多くの実践の紹介がありました。

    DSC_9598

    「幼稚園教育要領等の趣旨をふまえた保育を園の教師に対していかに指導していくか」をテーマに研究協議が行われました。各園の取組や今後の具体策などについて,活発な意見交換が行われました。かもめ幼稚園の山下園長から,個別の面談を通した職員の資質向上を図る取組や日常の会話の中でのコミュニケーション作りなどについて指導助言をいただきました。今後の各園での取組に生かせる貴重な時間となりました。

    DSC_9605

    鹿児島大学教育学部假屋園教授に,「幼児期の心の発達と教師のリーダーシップ」について,講義をしていただきました。
    幼児期における感性は体験を通して育まれていくことや組織と集団におけるリーダーシップのあり方などについて具体例を基に,多くの御示唆をいただきました。

     

     

  • 2019年06月05日(水)

    サナギは輝く?ーツマグロヒョウモンー

    教育センターは緑に囲まれているので,いろんな虫があちらこちらに見つけることができます。
    先月,ツマグロヒョウモンの幼虫が建物の壁に張り付いていたので,虫かごに入れ,次長室で飼うことになりました。

    5月の終わり,この幼虫が虫かごのフタに張り付き,サナギになりました。

    せっかくなので,写真を撮ってみました。

    ツマグロヒョウモンのさなぎ

    黒っぽいものがツマグロヒョウモンのサナギですが・・・

    あれ?

    ツマグロヒョウモンのさなぎ_アップ

    体の一部が光り輝いています。
    教科書に載っているサナギは,どれも光ったりはしません。
    しかも,いろんな色に輝いて見えます。

    調べてみると,ツマグロヒョウモンのサナギの特徴のようです。
    いろんな色に見えるのは「構造色」といって,光の干渉によっていろんな色に見えるそうです。
    CDがいろんな色に輝いて見えるのと同じ原理です。
    これは,天敵の鳥などから身を守ることにも役立っているようです。

    あと数日したら成虫になるかもしれません。
    楽しみです。

    教科教育研修課 内 祥一郎

  • 2019年06月04日(火)

    移動講座「発達障害棟のある子供の指導・支援のための基礎講座【姶良・伊佐】」

     6月4日(火),姶良・伊佐地区の先生方を対象に姶良・伊佐地域振興局で特別支援教育の移動講座が行われました。

    CIMG0284

     学習面,行動面,社会性に関する指導・支援について,基礎的な内容を中心に,講義だけでなくミニ演習なども交えながら学んでいただきました。

    CIMG0298

     実態把握に基づく指導・支援の演習では,学習面,行動面,社会性の講義内容を生かしながら,インシデント・プロセス法による事例検討を通して,各校でも実施しやすい事例検討の方法について学んでいただき,活発な意見交換がなされました。

    CIMG0306

     今回の研修で学んでいただいたことを今後の実践の中で生かし,「チーム学校」としてみんなで取り組んでいただきたいです。

  • 2019年06月03日(月)

    イングリッシュアワー

     毎週月曜日はイングリッシュアワーの日です。

    CIMG1375

     長期研修では,週に一回イングリッシュアワーがあります。1時間,英語の学習を通してコミュニケーション力の向上や異文化理解に努めています。この日はリチャード先生が講師でした。

    CIMG1372

     今回のイングリッシュアワーは数が数えられる名詞と数えられない名詞の見分け方を学習しました。
     まず,各テーブルに置かれた単語カードを見ながら,数が数えられるか(countable),数えられないか(uncountable)を自分たちで予想しました。

    CIMG1377

     その後,リチャード先生と答え合わせをしました。私たちの「なぜ」に対して,実物を使いながら,丁寧に説明してくださいました。
     「ベーコン」は塊として捉えるがスライスをしたら数えられることや,「水」などの液体は数を数えるのではなく,量で考えることなどを学びました。
     また,「much」は数えられない名詞,「many」は数えられる名詞と使うということも学び,英語圏の文化の発見となりました。
     

     

  • 2019年05月30日(木)

    令和元年度フレッシュ研修県総合教育センターにおける研修が行われました(3日目)

    5月30日(木)は,主に,小学校は教職研修,中学校と高等学校及び特別支援学校は専門研修等を通して,教育活動の基礎についての理解や実践的指導力を高めるために221人の初任者が3日目の研修を行いました。

    gaikokugo

    教職研修「外国語活動の進め方」の研修の様子です。今後の外国語教育について,多くの学びを得ようと真剣に取り組む初任者の姿が見られました。

    tyuukokugo

    教科の特質に応じた基礎・基本の理解と指導法や実践についての専門研修が行われました。写真は,中学校国語科の講座を受講している様子です。

  • 2019年05月29日(水)

    令和元年度フレッシュ研修県総合教育センターにおける研修が行われました(2日目)

    5月29日(水)は,主に,小学校は専門研修,中学校と高等学校及び特別支援学校は教職研修等を通して,教育活動の基礎についての理解や実践的指導力を高めるために221人の初任者が2日目の研修を行いました。

    sannsuu1

    小学校の先生方が専門研修「学年別学習指導の展開【機種依存文字】・【機種依存文字】」の研修に取り組んでいる様子です。国語,算数,社会など,各教科の指導方法について意欲的に学ぶ姿が見られました。

    tokusi1

    特別支援学校の先生方が,「幼児児童生徒の理解とアセスメント」,「自立活動の内容と指導法」等について積極的に学ぶ姿が見られました。

    gakkyuukeiei

    中学校の先生方は学級経営,特別活動,道徳教育について研修に取り組みました。学級経営の進め方については,学級目標設定の手順や教室環境の大切さ等について学びました。